仕事と子育ての両立について

看護師はどうしても拘束時間が長くなりがちなので、子育てをする際には保育園や託児所などが重要となります。看護師をしながら子育てをすることの難しさは近年になって特に指摘されるようになってきました。かつては祖父母の家族と同居している方が多かったので、両親が共働きでも、誰かしら子供の面倒を見る方がいるという家庭が珍しくなかったようです。しかし、現代では核家族化が進んでおり、両親と子供だけという家族構成の家が多いので、仕事中に誰が子供の世話をするのかということが悩みの種になるのです。

このような背景により、妊娠や出産をした看護師は、積極的に育児休暇を取るようになりましたが、医療現場は人員人不足が深刻化しており、なるべく早く復帰しなければならないという状況にあります。しかも、保育園や託児所を利用していたとしても、子供が熱を出したりした場合は、仕事を切り上げて迎えに行かなくてはなりません。そのため、働き方を変える看護師も増えてきました。

看護師の求人は全国にたくさんあり、その雇用形態も多岐にわたります。正社員もあれば、パートや非常勤のような仕事もあるので、そこは強みでしょう。しかも、子育てが一通り落ち着いたら、自分が求める雇用形態に変わることも容易なので、核家族世帯であっても、ポイントさえ押さえた仕事探しをすれば、仕事も育児も両立はできます。ですから、ママさん看護師はライフスタイルに合わせた柔軟な働き方を選ぶようにしましょう。