保活が必要なナースたちへ

子供がいる看護師にとって、保活は安心して仕事を続ける上で重要なことだといわれていますが、現在働いている方だけではなく、復職や転職をしようとしている方にとっても重要です。特に、妊娠をきっかけに仕事から離れてしまった看護師にとっては、復職をする上で保活に成功しておくことは必須になります。実際に保活に失敗してしまった看護師の多くは、復職することを諦めてしまうという人が多く、看護師として働くためには、保活は必要不可欠な活動として認識されています。

そこで、ここでは「仕事に復帰したい」「転職したい」という思いを抱いている看護師が、保活を成功させるためのポイントについてお話しましょう。まず、保活成功の第一歩は、少しでも早く活動を始めることです。これは一見当たり前のように思われがちですが、例えば妊娠をきっかけに休職している看護師は、妊娠中はゆっくりしたいと考えてしまう人が少なくないのではないでしょうか。また、転職活動中の場合も、焦らずに仕事探しをすれば良いと考える人もいると思いますが、そうすると、保活を始めるタイミングを逃してしまう可能性が高くなります。保活を始めるタイミングを逃してしまうと、それだけ周囲に出遅れてしまうので、十分なリサーチができなくなってしまいます。ですから、母子手帳を交付してもらった時点から、複数の施設を回ったり、こちらのサイトを活用して情報を収集をしたりすることがポイントです。

それから、転職の場合は、保育施設が併設されている医療機関を狙うのも有効ですが、倍率や空き状況については、事前に確認しておかなければなりません。したがって、保育施設が併設されている医療機関に応募するときでも、安心せずに、口コミを調べたりして、しっかりと情報収集をするようにしましょう。